公立高校の入試について

さいたま市の放課後等デイサービス「ててスクール」からは、今春は3名が公立高校へ進学しました。


障害がある。

支援級にいる。

このような中で、公立高校の受験は簡単ではありません。


来春(令和4年)の埼玉県公立高校の入試概要と併せて、障害がある中での公立高校受験についてご案内します。



埼玉県の公立高校の受験では、障害を持っている生徒に、配慮してくれます。


「障害のある生徒の入学者選抜に当たっての基本的な考え方」には次のように記載されています。


障害のある生徒の入学者選抜に当たっての基本的な考え方

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」を踏まえ、障害のあることにより、不利益な取扱いにならないよう、十分に留意する。



ててスクールで、今までにこの制度を使って、公立高校を受験した生徒は、次のような配慮をしてもらえました。

・ルビを振る

・時間の延長(別室受験)


そして、見事に合格です!


配慮をしてもらう事を「申し訳ない」と思う必要はありません。

配慮するのは当然、という流れになっています。


この制度を使うには、中3の2学期末頃には、担任の先生に相談しておきましょう。


中学校の先生が、公立高校の先生に書類を提出するからです。


「学力検査等の際配慮を要する措置についての願」の提出について



配慮はしてもらえますが、公立高校の合否判定に「忖度」や「ズル」があってはいけません。

合否判定の方法は「選抜基準」として、高校ごとに決められています。


※令和4年春入試の選抜基準は未発表なので、昨年のを掲載。

埼玉県公立高等学校入学者選抜における各高等学校の選抜基準



3年間ずっと支援級にいた場合には、調査書が特別な方法で記載されます。

※ここでは複雑なので省略します。