さいたま桜高等学園の入試 国語の解説

前回の記事に続き、今回はさいたま桜高等学園の「国語」の入試問題の解説です。


<令和2年度入試>(令和2年1月実施)

さいたま桜高等学園 国語の入試問題をご覧になりながらお読みください。

国語(問題)<さいたま桜高等学園 国語(令和2年度入試)

国語(解答)<さいたま桜高等学園 国語(令和2年度入試)


1⃣ 漢字

出題傾向は例年通りです。

難しい漢字はありません。


しかし、次のように、、、

・つごう(都合)

・もちいる(用いる)

・きゅうそく(休息)

生徒たちがあまり練習しない読み方でしたので、簡単な漢字でしたが、書けなかったかもしれません。


このような学習は、漢字ドリルでは難しいでしょう。

その他での教材で練習しましょう。


※ててスクールではこのような対策をしています。

※特別な教材ではありませんが、その教材はマル秘です。すみません。


2⃣ ローマ字

出題傾向は例年通りです。

ア~ンまでの清音だけでなく、「なわと」の「」や、「もっぷ」の小さい「」や「」のようなローマ字も書けるようにしましょう。

今年は「みか」の「」も、軽いひっかけ問題として出ていました。


ローマ字は出題形式が、固まってきています。

どこかで出題傾向が変わるかもしれません。

「読み」だけでなく「書き」の練習も、来年以降の入試の準備には必要でしょう。


3⃣ 同訓異字語

「同訓異字語」は、漢字は違うけど、同じ読み方の訓を使う漢字です。

選択問題ですので、全部の漢字が分からなくても、分かる漢字を入れて、残った漢字は「勘」で入れる、、、

このような解き方をマスターすることも、入試には必要です。


「同訓異字語」は、「同音異義語」と微妙に違います。

いちおう説明しますが、あまり気にしないでください。


同訓異義語(今年の入試問題)

・明ける

・開ける