さいたま桜高等学園の入試 数学の解説

さいたま桜高等学園の入試は2日間にわたり行われます。

1日目は、国語・数学・作業・運動能力試験です。

2日目は、面接のみです。

※詳しくは<募集要項>を参考ください。


今日は、令和2年度入試(令和2年1月)の初日でした。

そこで、ここでは本日の「さいたま桜高等学園」の「数学」について解説します。


<令和2年度入試>さいたま桜高等学園 数学の解説

今年は試験の作問に慣れた先生方が作られたと見え、問題がとても「きれい」でした。

考えられた問題が並んでいました。

一方で、問題の傾向が大きく変わり、とまどった受験生が多かったと思います。


このあとの解説はすくし長くなりますが、実際の入試問題を見ながらお読みください。

数学(問題)<さいたま桜高等学園 数学(令和2年度入試)

数学(解答)<さいたま桜高等学園 数学(令和2年度入試)


1⃣ 計算問題

(1)~(6)は例年通りです。

しかし(7)で、初めて「帯分数」が登場しました。

今年は素直な帯分数でしたが、来年以降の受験生は、より複雑な帯分数の計算もマスターした方がいいでしょう。


2⃣ 単位の問題

例年通りでした。

水の量の単位の見分け方で、バケツに入る水は10mL? 10? で迷うわないようにしましょう。

常識として、バケツに10mLは×ですね。


同じように駅までの道のりが、500なのか500kmなのか、見分けられますか。

勉強としてではなく、ふだんの会話で常識として認識できるようにしてあげましょう。


3⃣ 小問集

四捨五入の問題の傾向が、大きく変わりました。

594を百の位までのがい数と四捨五入します。

答えは、600ですね。

今までは一の位の四捨五入でしたので、答えを590としたミスが多かったのでは。


帯分数の問題のようにがい数も、来年度以降は複雑なパターンのトレーニングが必要でしょう。


その他、直径・半径のちょっと難しい問題が出ました。


4⃣ 表の問題

表自体はシンプルでしたが、「何倍?」という設問が今までなかったので、とまどったかもしれません。